トップイメージ

店にて利用する場合に、体験があるのではないかと思うのですが、店頭の人がわかっていないためにいったいどのレシートを利用者に対して渡して良いのか迷う時があるのではないでしょうか。結婚式場 見学 予約

クレジットカードを使うとから数枚の利用明細が印刷されるためであり、これらのどの紙をお客様側へ渡すべきなのか迷うというケースがあるのです。クリアエステヴェール

数枚の使用レシートの説明:それではこの3枚の紙の内容はいかなるものなのかということについてまとめると下の通り。フケ 抜け毛

1カード利用者へ渡すべき使用明細。ケーアウト

2店舗で保管する明細。

3カード会社控え用の使用明細(記名を行うレシート)。

本来であればもちろんお客様に対して保管して頂く明細レシートを受領するのが正しいのですがたまに、店舗で保管する利用レシートの方を利用者のもとへ間違って渡す場合の他サインした側の利用レシート自体を渡すというなどという重大なミスさえも見受けられるのです。

このケースはバイトの人の場合や、さほどクレジットカードが利用されるケースの少ない店舗などにてクレジットを使おうとすると、そういったレジ担当者の迷いが体験できるようです(笑)。

いつか従業員が間違った利用明細というものを提示して際には、親切に「違いますよ」などと正してあげてください。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.altinmesaj.com All Rights Reserved.