トップイメージ

電車の乗車切符等をたくさん決済してしまう:カードショッピング枠のキャッシュ化というもの使わずに換金する目的でクレカを利用する行為も同じです。78-10-141

現金化するということを意図しているクレカショッピングであればクレジットの契約条項違反と見做されるためだからです。78-11-141

たくさんの乗車チケットの他切手通販などでの決済をすると、現金化が目的なのではないか??などと警戒されてしまう恐れも考えられるため注意が必要である。78-19-141

使用時点においてキャシング利用可能枠というものが限度となられてしまっているカードのケースにおいては、列車等の旅券などを購入しようとするだけでもカードの会社の担当者から確認の電話が入るケースがあるため、金欠時の使用についてはさせないようにされてしまう模様です。78-6-141

金銭的に困っている時において頭をよぎることというのは、同じようなものであるのでしょう。78-14-141

クレカの会社にとって都合の悪い使用をしてしまう●話題になった『永久期間』などクレジット会社の立場からみて全然プラスにならないような違反した利用を行うと、発行会社の判断で強制没収という扱いになってしまう話などもある。78-7-141

インターネット上で話題となっていたカードポイントの不正な搾取というような世に知られていない秘密の方法などというものがあってもそれらの情報は一切規約違反となるので絶対やらないようにしないほうがよいでしょう。78-1-141

強制没収となった個人情報は他のカード会社へ流れる>クレジットを没収させられてしまってもほかのカードは使えるから、1枚であれば大丈夫んじゃない?とか考えるあなたこの時代の情報化社会にあってはその考え方が命取りになる危険性があります。78-16-141

なぜなら、そもそも没収させられてしまうという事態となるとカード発行会社各社が入手出来てしまう信用情報にそのカード情報が通達されてしまうことで事故を起こした人の信用情報はなくなってしまうケースがあるため。78-18-141

いずれか一社でさえもクレジットカードを強制没収となってしまうと以後カードまでも契約しづらくなってしまいますし今契約しているクレジットカードまでも強制退会扱いになる場合もあるでしょう。78-13-141

強制退会は免れて引き続き利用できる際でも期限切れの際に継続できなくなることもあります。

記載させてもらっているが強制没収させられてしまうような使用は絶対にしないよう、カードをご利用頂きたいと思っています。

サイトMENU

Copyright © 1998 www.altinmesaj.com All Rights Reserved.