トップイメージ

FXの投資をする上での対象は、各国の流通通貨があげられます。

流通通貨についての知識を学んでみたいと思っています。

・通貨の単位には「基軸通貨」とよばれているものが存在します。

基軸通貨の意味は各国間での決済において金融商品の取引について主として使用される流通貨幣のことを指し現段階ではドル(アメリカドル)であります。

往時は英ポンドについて基軸通貨でありましたが、第二次世界大戦が終わった後は$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)なりました。

・FXを活用して売買している公式貨幣の種類においては、他の外貨投資に比較してみた時相当豊富というのが特徴なのです。

FX業者間によって、扱っている通貨の種類においては、異なっていますが一般的には20種類前後あるようです。

その中でも変動性が高い数値の貨幣を、メジャー通貨と言います。

変動が高いが表すことは取引きが盛んに実行されているという事を示していて、公式通貨の取引が簡易なことです。

主とされている通貨には上記にてお伝えした基軸通貨と称される米ドルに、¥(日本円)¥(円)、EUROの3種の貨幣がございまして、世界三大通貨と表されております。

豪ドル、カナダドルなどが準メジャー通貨と言われています。

これら以外の流動性が少ない通貨についてはマイナー通貨と称されて比較的国の勢力や経済の力が弱い国での通貨で、南アフリカランドやポーランドズロチ、メキシコペソなどが広く支持された通貨に関しては、売買されてる量が多量ですという事もあり値の乱調が一定水準で、ニュースの数も多くいきかっているようです。

マイナー通貨は、金利の面で高い価格な通貨という事が多いというのがあるので値の激動が大きいらしいです。

価格の起伏が大きいという事について沢山な利益を獲得する好機があるのですが、儲けがある分リスクの恐れも大きくて不安定事があります。

加えて変動が小さい公式貨幣ですからフィックスを求める時により決済が忍びないと予想される事があるのです。

どの種類の通貨をセレクトするのかという事に関してはそれぞれの公式通貨の性状をじっくりと調査してから実践する事は不可欠であると考える事ができます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.altinmesaj.com All Rights Reserved.