トップイメージ

電子書籍についてですが、当初は普及するかどうか不透明な状況でしたが、徐々に方向が定まってきているのでしょうか。

書き手の成功事例がネットで見られるようになってきました。

紙を伝達手段としないといった媒介の問題はさほど重要では無い様です。

もちろん便利な事ではありますが、それよりも、著者との契約において今までにない新しい試みがなされていて、ここに電子書籍の未来を感じることができるのです。

中堅漫画家が過去作品を電子書籍化してどれくらい印税が入ってくるのかということをブログで公表していました。

紙の本以上に売り上げる事ができて喜んでいたのが印象的です。

有名ブロガーが実験的に出版してみるといった試みもなされていたり、最近みたニュースでは、アマゾンが蓄積してきたビッグデータを活用してどんな本を出版するか見定めて、著者と契約しベストセラーを狙い通りにだすということも起こっています。

CDのように、またもや海外に先行されそうです。

希望としては、日本の出版業界から、電子書籍において、かつてないものが生まれて欲しいです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.altinmesaj.com All Rights Reserved.